初めての方へ

京都総合税理士法人のHPにアクセスいただきましてありがとうございます。
このページは「税理士って何?」「どれくらい費用がかかるの?」
といった、今まで税理士と関わりが無かった方の
素朴な疑問を解消することを目的として作成したものです。
10件のQ&Aをご用意しましたが、これ以外にご質問等ございましたら
お問い合わせフォーム または フリーダイヤル0120-060-358 まで
お気軽にお問い合わせください。
1. 税理士って何?

A: 税理士とは、企業や事業主に関わる多くの税金関連の書類作成や、税務代理、税務書類の作成、税務相談、会計業務など税務に関する総合的なアドバイスを行う税務分野のスペシャリストです。 もっと単純に表現すると「税金と会計のプロ」です。

2. 税理士と税理士法人って何か違うのですか?
高栖

A: 税理士法人とは、複数の税理士を社員として設立される税理士法による特別法人です。税理士個人と税理士法人で行う業務に違いはありません。 税理士にも専門・得意分野がありますので、複数の税理士が在籍しているということはそれだけ対応できるサービス内容が広くなると言えます。

 

3. 税理士に何をお願いするの?
杉浦

A: 税理士が行う業務として最も大きなものは申告書の作成です。 申告書とは、個人や法人が一定の所得を得た場合に、法律によって提出を義務付けられている書類のことです。 申告書を作成するためには、帳簿が適切なものでなければいけません。 帳簿の作成についてもチェックを行い適切なアドバイス等を提供します。 その他資金繰りや経営のご相談についても承ります。

4. 申告書の作成は自分でできないの?

A: 申告書はご自身で作成することは可能ですが、税金の法律はとても難解と言われ、かつ、毎年の様に改正されるので、税理士に依頼される方が多くなっています。

5. 税理士に頼むといくら必要なの?

A: 一律でいくらということではありません。 その事業の内容やボリューム、売上の規模、従業員数等を勘案して決定されます。 詳細については料金表に掲載しておりますのでそちらをご参照ください。

6. 税理士の報酬って具体的に何があるの?

A: 基本的なものとしては、月々の顧問料、決算時の決算料、税務調査の立会料、などがあります。その他年末調整や個人の確定申告等も必要な場合があります。

7. 開業してすぐに税理士報酬が支払えるか不安です・・。
橋本

A: 開業させる方にとってその事業が軌道に乗るまで、資金不足にならないか不安になるのは当然のことだと思います。 京都総合税理士法人では、開業されて間もない方には業績に連動した税理士報酬をご提案しております。 具体的には売上等に応じた料金体系とし上限を設けますので、予想通り売上が出なければ報酬も減少し、予想を上回ればその上限の範囲内で報酬をお支払いいただきます。 これにより固定費である税理士報酬の負担感が軽減されることになります。

8. 普段は忙しいのでメール等で用件を済ますことは可能ですか?

A: もちろん可能です。 京都総合税理士法人では出来るだけお客様の手を煩わせないようにメールやスカイプ等で連絡することを基本にしております。 出来るだけ双方の時間の拘束を少なくすることにより、税理士報酬の低減を可能にしております。

9. 税理士に問い合わせするにはどうすれば良いですか?
杉浦

A: まずは お問い合わせフォーム からお客様の情報をご送信ください。 お客様のご希望に応じてメールや電話にてご連絡差し上げます。

または直接お電話いただいても結構です。フリーダイヤル0120-060-358までお気軽にご連絡ください。

 

10. 直接会って話をすることはできますか?

A: もちろん可能です。税理士と顧問契約されるということは基本的に長いお付き合いとなりますので、税理士の人柄が社長と合うことも重要です。またお会いさせていただいたからといって必ず顧問契約していただく必要はございません。じっくりお考えの上ご検討いただければと思います。

京都総合税理士法人スタッフ